兵庫県神戸市引越し探検隊!一番安い業者は?見積もりの料金相場はどの位?

兵庫県神戸市の小学校転校手続きについて

2016年10月04日 10時49分

転居が確定した場合、お子さんがいるなら転校の手続きが必要となりますよね。転校の手続きは、あちらこちらへ走らなければならないうえ、書類が煩雑だったりと迷うことも多く出てくると思います。急な転居だったりすると、新しい新居の住所が決まっていない事もあり得ますが、事前に準備しておけば苦労せず転校手続きを進めることができますよ。ここでは、過去自分の子どもを転校させた経験を持つわたしが、時系列順に手続きにまつわる重要ポイントをご紹介します。小学校の転校手続きQ&A個人的な事情で、転居先の住まいがまだ決定していません。転校の手続き等は可能でしょうか。A.転校と言うのは止むを得ずする場合もありますし、特別にOKが出るパターンもあります。例は、暴力やストーカーに悩み住所を変えたいが、はっきりと住所は決めかねている。特例に当てはまっているので、すぐに相談しましょう。そして特認校という小規模校も存在します。学区外の住まいから通ってもいい体制が整っています。Q.小学校の転校は学校・市役所・教育委員会に本人も一緒に連れていったほうがいいのでしょうか。前の学校には保護者の方だけでやり取りをして、関係書類の対応をした方がいいでしょう。どのタイミングで転校を他の子ども達に伝えるかなど、先生と話し合いがされると思うので、かえって子供がいると話づらいと思います。転校先では先生も子どもも、どんな人なのかお互いに見ておくべきでしょうし、一緒の方がいいでしょう。ただ事前になにか話しておくことがあれば先生に相談し別で会いましょう。Q.公立小学校から私立へ転校可能ですか?A.大丈夫ですが、通常私立の方が勉強の進捗状況が可能性があります。就学後にキチンとした状況の把握は必要になります。急な事情にはしょうがないですが、中でも市外・区外の転校の場合、転校手続きに関して何日もかかってしまうことでしょう。更に両親とも共働きの場合、小学校・役所での手続きなどが休みにしか出来ず、返事を待つのに1週間ということもあり、円滑に進まないケースもありがちです。新居に引っ越す1週間前に転出届を出し、転居後は2週間のうちに転入届、同時に小学校の手続きもすませなければいけません。必要な道具をチェックしたり、時間がかなりあっても足りない!となりますので、できれば、小学校の長期休みの時期にするのが一番と言えるでしょう。夏・春・冬の長期休暇で焦らずに手続きを行いながらお子さんの状態をよくチェックし、ケアをしていく事が大事ですよ。